単位民児協

河瀬学区民生委員児童委員協議会ニュース

2021年8月8日 / 河瀬

河瀬民児協ではここ数年来、ふれあい花いっぱい運動の一環として学区内の河瀬小学校・彦根中学校 (高宮民児協と合同)・そして民区会でいつもお世話になる河瀬地区公民館の、 花の植込みや緑のカーテンのネット張り等のお手伝いをしています。今年も河瀬民児協メンバーが、 総出で支援させて頂きました。

1.彦根中学校緑のカーテンネット張り支援 (5月8日 土曜日)

最初に今日の作業説明
1つのプランターに、ゴーヤ苗2本と真ん中に朝顔ボランテイア部の生徒も一緒に作業しました。


1階3クラス分の窓を、緑のカーテン
で覆って、涼しい夏をプレゼントして
います。沢山ゴーヤが実っています。
(7月25日撮影)

正面玄関前には,マリーゴールド・サルビア・鶏頭・コキア等、
生徒と一緒に植え込んだ花が賑やかに咲き誇っています。(7月25日撮影)
~夏場の水遣りはボランティア部の生徒と運動部の生徒が当番を決めてやっています~

2.河瀬小学校で給食室とプールの間に緑のカーテン(5月12日 水曜日)

安全最優先でネット張り支援
4年生の児童が楽しそうに苗の植込み
1つのプランターに苗2本、間に朝顔の苗を1本植えこみました。
この日はマリーゴールドのプランターも作りました。どのグループも和気あいあい大変楽しそうでした。
こんなに大きくなりました。
(7月25日撮影)

3.河瀬地区公民館 緑のカーテンネット張り支援 (5月18日 水曜日)

河瀬小学校のボランテイア終了後、
河瀬地区公民館に移動して緑のカーテンのネット張り・ゴーヤ・マリーゴールドの苗植込み支援。

こんなに茂って、事務所が暗くなるくらいゴーヤの実は来館者にお持ち帰りして貰っています(^^♪)
サルビアも花盛り



河瀬地区公民館玄関付近にはサルビアが花盛り来館者の目を楽しませてくれています。
(7月25日撮影)

[ 前のページへ戻る ]