専門部会

彦根市民児協連・高齢者福祉部会 研修会報告

2022年11月10日 / 高齢者福祉部会

◇日 時  令和4年10月14日(金)  10時~11時45分
◇会 場  彦根市福祉センター別館2階 集団健診室
◇テーマ  3年間の活動をふり返って
◇発 表  高齢者福祉部会の部会員16人
◇参加者  50名
◇概 要
新しい試みとして「3年間の活動をふり返って」を主テーマとして、それぞれのサブテーマに沿った思い、 体験についてお話しいただく研修会を開催しました。

令和元年12月の民生委員児童委員の一斉改選直後から、新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の事態に陥り、 日常生活においても大きな変化を余儀なくされました。

また、われわれ民生委員の活動にも制約が課せられました。しかしながら、 民生委員の支援活動には隙間を見せることは許されません。このような状況下でしたが、 3年間を一区切りとして民生委員児童委員の矜持を持って、支援活動を務めていただいた体験から発表をお願いしました。

12月の一斉改選で留任される委員は、今後の民生委員活動の参考にしていただき、退任される委員は、 つぎの新任委員に引き継いでいくことで民生委員活動の「継続性の原則」を維持することの一助になることを願った研修会でした。

◇サブテーマ
 ○コロナ禍における独居老人宅訪問について
 ○民生委員と高齢者のつながり
 ○民生委員は万(よろず)相談員?
 ○6年間の活動をふり返って
 ○民生委員としてできること、特に、在宅高齢者に対する支援に関して
 ○民生委員活動を通じておきた私の変化
 ○民生委員をして良かったこと
 ○独居老人の見守り
 ○民生委員の日を中心に、実態調査をしていることについて
 ○出会いを広げる
 ○高齢者とのつながり
 ○民生委員としてこれまでの活動
 ○活動をふり返って
 ○一期目の民生委員としての活動
 ○「ふれあいの集い」について
 ○命のバトン

◇メッセージ
 ○3年間、民生委員としての支援活動に、自分なりに努力してきたとの自負心を感じさせられました。      
 ○民生委員を務めて、多くの人たちとコミュニケーションを取ることができ、知見も増えて良かったと話されていました。
  予防医学、予防介護について知識を深める努力を重ねてきたと話された委員もおられました。
 ○最初から、あれもこれもと考えると行き詰まることがある。自分でやれることから始めることを強調されていました。
 ○日常生活面(木枝の伐採、蜂の巣駆除他)での支援、通院の送迎、収穫のお手伝いも民生委員の大きな役目と話されていました。
 ○あらためて、皆さん民生委員を務めて良かったと述懐されていました。

(高齢者福祉部会 部会長 西野秀太郎)

[ 前のページへ戻る ]